COLOG
COLORNIXのブログを略してみたらなんか顔っぽい

キュウリで魚はできるのか?

パンタポルタ」にて連載中の1コマ漫画で、先日こんなのを描きました。


7/2公開 【1コマ漫画】味より見た目のインパクト! ローマの仕掛け料理の世界

資料を読んで描き起こしている時は「多分皮の緑と中身をうまいこと剥いたりして作るのだろう」と想像して描いてみたのですが、そんなにうまくいくものなんだろうか。

ということでズッキーニキュウリで実践してみました。
以下、twitterで実況していたログを再編・追加したものです。写真が11枚くらい並ぶよ。

続きを読む »

あけましておめでとうございます2018


あけましておめでとうございます。
昨年中は多方面のたくさんの方に大変お世話になりました。

いろいろなご縁に恵まれまして、これまでとはちょっと違うところでもお仕事をさせていただくことができました。
頂いた縁をより太く、遠くへ広げられるように努力してまいりますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

●今回の年賀絵は
犬×手芸。
ツイッターの方でちょいちょいUPしていたのですが、昨年後半は手芸をしていたのでそれ絡みのネタになりました。
大逆転裁判2があまりにも良すぎて何か作って熱を発散したかったんですが(大逆裁に限らず)絵で二次創作をする気にはなれず、矛先が手芸に向きました。

以下がその記録です。
チャームやドール服や小物を作ってました。あとUPしてないのでは羊毛フェルトも。
緒方の手芸記録(主に裁縫・大逆裁)

大逆裁手芸工作は今年ももうちょっと続く予定です。

追記は毎年恒例振り返りとか。つい先日それに近い記事書いたけどね。

続きを読む »

あけましておめでとうございます2017

あけましておめでとうございます。
昨年も色んな方々にたくさんお世話になりました。
今年は大好きなトリの年なので鳥と一緒にはばたけたらいいなーと思いつつ頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

酉年ならやっぱり鳥は描かないとね! ということでニワトリライダーちゃんを描きました。ニワトリがでかいのか女の子がちっちゃいのかどっちだろう。

追記は振り返りとか。

続きを読む »

久々に創作サイトっぽい絵ができました

先日アップした絵のおまけをサイトに載せていなかったのでぺたり。

あんな絵だけど構想の中ではコメディらしいよ。

コンテストだとか季節の手紙だとか、そういう用途が一切ない、創作ものらしい創作絵を描いたのはものすごく久しぶりだと思います。
デザイン背景の方が好きなのでそういうのを多く描いてますが、ああいうのももうちょっと増やさないとなー。

ここ最近(多分タブレットを変えた辺りから)、前よりずっと絵を描くのが楽しいんですが、空を掴んでいるような感覚もあり。何か違う動きをすることが必要なのかもしれない。

液タブを導入したので試し描き


液晶タブレットCintiqCompanionHybridを導入したので、動作確認や調整も兼ねた試し描きをぺたり。
長いこと普通の板タブを使っていたので今更液晶なんてーと思っていたけど、店頭で試してみたら思っていたよりいい感じだったので購入に至りました。
先代のIntuos3と大体同じようなサイズ感で悩まずに移行できそうだし、少なくとも6年以上(最大10年)使っていたので新調するのもよい頃合い。

なお最近発売されたConpanion2じゃないのは、初めての液タブとして使うにはかなり勇気がいる価格なのと、今現在だとタッチ機能とちょっとした独立操作もできるAndroid版(Hybrid)とその辺の機能のない13HDの価格がほぼ同じだったので、それならHybridがいいじゃんという理由でした。

で、実際に導入してみた感想が以下のとおりです。

・マットな質感でさらさら描ける
・見たまま見たところに描けるってすごいな…板タブに慣れきっていたつもりだったけど、これはすごい
・インチ数と解像度の関係でメニュー等が小さいけど、まあなんとか操作できるレベル。
・タブの画面いっぱいにソフトを広げ、それを凝視して描くことになるので作業に集中しやすい
・作業画面が手元に来るので、資料をメインディスプレイに広げやすくなった
・ちょっと彩度低く見えるけど、複製やソフトの機能でメインディスプレイ側にも画像を表示させておけばすぐ確認できるし、色塗りの段階になったら液タブを見ずにディスプレイ側で操作する設定に変えてもいい
・フォトショとかでもピンチイン・ピンチアウトができない…というか二本指操作の設定項目が見当たらない…(´・ω・`)店員さんできるって言ったじゃないですかァアー
・左のキー一式に使いたい機能を設定しても足りないので結局キーボードから手が離せない
 (私の配置だと、スタンドを使って斜めにすると手に干渉する角度になるので、消しゴムを敷いて若干角度を付ける程度で落ち着きました)
・そうなると、あれ、タッチ機能いらないんじゃ?と薄々思うことになる(時折手のひらを感知して誤爆することもあるので)
 この辺はPCから外した時には役立ちそうなので、状況に応じて切り替えかな。
・前評判調べてる時から承知はしてたけど、使ってみて改めて思う。右側面のど真ん中に曲げられないコネクタってどういうことだ。ケーブルがマウスに干渉するのでせめて右上においてほしい。
 (近くに10センチ程度の高さのペン立てがあるので、そこにケーブルをひっかけて浮かすことで多少干渉を減らしました)

・いい意味でラフに、勢い良く描ける気がする
 描いては消し描いては消しの頻度が下がりそうな感触。
 ペン入れが一番苦手というか疲れるので、その辺りで一番恩恵を受けそう
・やっぱり見たまま描けるってすごい

古い機種からの一足どころか二足三足飛びくらいの機種移行だったのもありますが、気になる点を補える描き味と気持ちよさがあると思いました。
以降は全てこのタブレットで作成した絵になりそうですー。